top of page

Adobe Frescoの自動同期とバックアップ機能について解説

こんにちは、キディーズおかやま(子どものためのデジタル絵画教室)です。




Adobe Frescoの自動同期とバックアップ機能は、

作業を継続的にクラウド上に保存し、異なるデバイス間での作業の移行をスムーズにします。




自動同期

Adobe Frescoは、定期的に作業内容をクラウドに同期します。

これにより、作業中や作業後に手動で保存する必要がなくなります。

自動同期により、データの損失を防ぎ、作業の進行状況を即座にクラウドに反映します。


自動同期は、インターネット接続がある場所で動作します。

オフラインで作業する場合は、次に接続されたときに自動的に同期が行われます。


バックアップ

同期されたデータは、Adobe Creative Cloud上にバックアップされます。これにより、デバイスの故障や紛失などの予期せぬ問題が発生した場合でも、作業内容が安全に保護されます。


バックアップは、定期的に行われます。データがクラウドにアップロードされる際には、ローカルのデータと同期されます。これにより、デバイス上での作業とクラウド上の作業が一貫しています。


クラウド管理

Adobe Creative Cloudのウェブインターフェースを使用して、同期されたデータを管理できます。

ここから、以前のバージョンにアクセスしたり、不要なファイルを削除したりすることができます。


クラウド上のデータは、セキュリティが確保されています。

Adobeは、データのプライバシーとセキュリティを重視しており、

データの保護にさまざまな対策を講じています。


このように、自動同期とバックアップ機能により、

Adobe Frescoでの作業は子ども達が描いた絵を安全かつ効率的に管理され、

作業に集中できる環境が提供されます。

Comments


最新記事

アーカイブ

タグから検索

まだタグはありません。
bottom of page