top of page

iPadでAdobeソフト、フレスコ(Fresco)を使って、数多くの絵画コンクールへ出品

こんにちは!今日は、子どもの絵画教室で

コンクールに出品することの必要性とその効果についてお話ししたいと思います。


キディーズおかやまでは、iPadでAdobeソフト、フレスコ(Fresco)を使って、

数多くの絵画コンクールへ出品をしています。




絵画コンクールに出品することは、

子どもたちの成長や学びに多くのメリットをもたらすと考えています。


その理由をいくつかご紹介します。


1. 自信と達成感を育む


絵画コンクールに参加することは、子どもたちに大きな自信を与えます。

自分の作品が評価されることで、達成感を感じることができます。

特に賞をとることができれば、努力の成果が認められたと実感でき、さらなる挑戦への意欲も高まります。


2批評を受ける経験


コンクールに出品することで、専門家や他の参加者からの意見を受けることができます。

これは、子どもたちが自分の作品を客観的に見つめ直し、改善点を見つける良い機会となります。

批評を受け入れることで、成長と進歩が促されます。


他の作品との比較


コンクールでは、多くの素晴らしい作品が集まります。

子どもたちは他の参加者の作品を見ることで、新しい技法や表現方法を学ぶことができます。

また、自分の作品と比較することで、自分の強みや弱みを理解し、今後の絵画活動に活かすことができます。


持続的なモチベーション


コンクールへの参加は、子どもたちのモチベーションを高める重要な要素です。

目標に向かって努力することで、集中力や忍耐力が養われます。

また、次のコンクールに向けて新たな目標を設定することで、持続的な学びのサイクルが生まれます。



子どもの絵画教室でコンクールに出品することは、

子どもたちの自信を育み、批評を受ける経験を通じて成長を促し、

他の作品との比較で新たな学びを得ることができます。


キディーズおかやまでは、デジタル絵画で、

コンクールの出品をサポートし、受賞を多く獲得しています。


一緒に子どもたちの可能性を広げていきましょう!

Comentários


最新記事

アーカイブ

タグから検索

まだタグはありません。
bottom of page