top of page

iPadのAdobe Fresco(アドビ フレスコ)アプリとPCのPhotoshop(フォトショップ)との連携について解説

こんにちは!

キディーズおかやま(子どものためのデジタル絵画教室)です。





当教室の子ども達が使用しているiPadのAdobe Fresco(アドビ フレスコ)アプリと

PCのPhotoshopとの連携は、非常に便利な機能です。


この連携により、iPad上で描いた作品をPhotoshopで編集したり、

逆にPC上で作成したレイヤーをFrescoで調整したりすることが可能です。


クラウドドキュメント

Adobe Creative Cloudのクラウドドキュメントを使用して、

iPadとPC間で作業を同期できます。

FrescoとPhotoshopの両方で同じAdobe IDでログインし、

作成した作品をクラウドに保存します。

これにより、どちらのデバイスでも同じファイルにアクセスできます。


レイヤーの連携

FrescoはPhotoshopのレイヤー形式をサポートしており、

iPadで作成した作品をPhotoshopで開いたときにレイヤーが保持されます。

同様に、Photoshopで作成したPSDファイルをFrescoで開くと、レイヤーが維持されます。


編集の連携

iPad上でFrescoで描画を行った後、必要に応じてPhotoshopで追加の編集を行うことができます。

たとえば、Photoshopの豊富なフィルターやエフェクトを使用して画像を調整することができます。


フォントの共有

Adobe Fontsを利用して、iPadとPC間で同じフォントを共有できます。

Frescoでテキストを作成する際に使用したフォントは、Photoshopでも自動的に利用できます。


エクスポートと保存

Frescoで作成した作品はPSD形式で保存し、Creative Cloudに自動的に同期されます。Photoshopで開くと、すぐに編集を開始できます。また、Photoshopで作成したPSDファイルもFrescoで開いて編集できます。


Live Brushesの利用

FrescoのLive Brushesは、リアルな絵画体験を提供します。

これらのブラシを使用してiPadで描いた絵は、Photoshopでさらに加工することができます。


このように、iPadのFrescoとPCのPhotoshopは、

クラウドドキュメントを通じてシームレスに連携し、自在に作業を行えるようにしています。


キディーズおかやま(子どものためのデジタル絵画教室)からのお知らせでした。

Comments


最新記事

アーカイブ

タグから検索

まだタグはありません。
bottom of page